ブログトップ

画日誌 [enishi]

tabimakura.exblog.jp

カテゴリ:福祉住環境コーディネーター( 11 )

ウェルフェア―2011

今日はあいち福祉住環境研究会の皆さんと金城埠頭で開かれているウェルフェア2011へ行ってきました。

ここ何年か開催されるごとに観に行くんですが、毎年徐々に展示規模が縮小されてる気がします。

また、私の職業に関する戸建て住宅の改修等に関する展示は極めて少なくなって来ている。


それだけ需要が無いのか?と言いたいが、高齢者社会を迎えるにあたりもっと多くの企業が多くの展示をしてもイイのではと思うのだが。

やはり介護保険利用の住宅改修等は特定の業者しか工事に携わることが無いのが現状である表れではないかと内心思ったりしている。

介護保険を利用する事は、特定の業者にしか改修工事が依頼できない。と言った間違った思い込みが世の中にあるのも確かな事。

又、そうした思い込みをさせる特定資格保持者が存在することも事実だと思う。
[PR]
by tabimakura | 2011-05-21 18:57 | 福祉住環境コーディネーター

基礎を再認識

今日は『住宅リフォームスキルアップ講座』へ行ってきました。

・福祉用具の機能と役割
・疾病別住宅リフォームとリハビリテーション―ICFの視点から―

私のとっては大変良い内容でした。

PTさんが講師で、受講されてる方の多くは建築士さん。

介護保険利用の住宅改修をさせていただいてる私としては、日頃心掛けてる事への再確認的内容でした。
手すりの高さは〇〇㎝くらいだとか、スロープの勾配はどれだけが基準だとかと言う以前の、利用者本位の改修とは。って感じの講義で、住環境整備の基本のおさらいをさせていただいた気がします。

講義が始まる前に、事務局のIさんが「居眠りしないでよ。」とガムまで差し入れてくれたのですが、全然眠気など何処へやら。
変わりの、Iさんが居眠りをされてました。(^^;
[PR]
by tabimakura | 2011-02-26 22:17 | 福祉住環境コーディネーター

住宅改修

今朝、1件介護保険利用の住宅改修依頼での打ち合わせに行ってきました。


80代後半のおばあちゃん宅。
数ヶ月前に軽い脳こうそくで右手、特に指先の麻痺があります。
改修希望箇所は2ヶ所。

御高齢と円背により歩行時、とくに段差のある玄関框の上がり下りの不安定感をカバーしたい。との事でしたので手すりの設置を提案。

また、浴室内の移動時の不安定感解消の為の手すりを希望されたのですが、設置場所や浴室の形状から見て浴槽の縁に設置する簡易手すり(福祉用具)を利用した方が良いのではと提案。


その後、介護保険利用の手続き等の話に進み、申請に伴う添付書類等を説明したところ、依頼主である利用者さんの息子さんが、面倒な手続きより手すり1本の事だから自費で済ませるとの話と成った。

息子さんとしては、浴室内を如何改修したら良いか、ご自身で色々考えてらりた様子。
浴室の大規模な改修ともなれば、保険枠では足りないし工事期間中の入浴を如何した物か?と、色々悩んでらしたようです。

改修工事もさせて頂く施工業者としての私は、仕事が多くなる方がありがたいですけどね。(^^;
今回は福祉用具でカバー出来る範囲の事であるし、利用者負担も少なく工期期間の不自由も無くなりますからね。

それと、ここだけの話。
理由書等の申請書類の作成も無くなるので、私としてはチョイとありがたかったかなァ。(^^)
[PR]
by tabimakura | 2010-06-19 10:42 | 福祉住環境コーディネーター

如何思う?

浴室内の手すり設置の依頼。


浴槽はステンレス。

壁面はタイルでアイボリー。

床もタイルでモザイク。

天井はバスリブでやはりアイボリー。


さて、手すりの色は?????



私は、レッドを勧めたんですけどね。

80代前半のおばあちゃんで、目も年相応だと本人が言ってましたしね。
[PR]
by tabimakura | 2010-05-06 20:55 | 福祉住環境コーディネーター

今日はセミナー。行ってきました。

テーマ:『在宅医療と家事・仕事とその問題解決法』 ~排泄方法と栄養方法  慢性疾患セルフマネジメント~



間欠自己導尿・人口肛門・洗腸・在宅中心栄養・在宅径鼻栄養・胃ろう と色々と学ぶ事が多かったです。

私も今までの人生で、祖父が人工膀胱を使っていたり自分自身入院時にカテーテル導尿を受けたりした事も有り断片的には知識はあったものの、デリケートな部分での事が多く、あまり踏み込んだお話しを聞く機会が無かっただけに、今日は参加できて良かったと思いました。

初めての体験として、径腸栄養剤の味見をさせていただきましたしね。

結構、美味しいのには驚きでした。


それと、『骨盤臓器脱』なる病気。私は初めて聞いた名でした。
骨盤内の臓器が飛び出る。私はそんな病気があるとは知らなかった。
詳しくは『骨盤臓器脱ネット』を!
[PR]
by tabimakura | 2010-05-01 22:31 | 福祉住環境コーディネーター

手すりの依頼

先程、電話あり。

手すりの設置依頼。

昔から知ってる小母さん宅からで息子さんからの依頼です。


介護保険利用の改修かと思ったら、既に満額使用済みとの回答。

序でに、更新切れで只今再認定申請中。


また、ケアマネ居ないじゃん...。

でも、実費だから理由書要らないからイイかァ!

な~んて思ったりして。(^^;


でも、再認定で介護度が上がれば、また使えるだろうし。
福祉用具でカバー出来る事があれば、認定後の購入やレンタルを考えてもイイ様に思う。

どちらにしても、一度ゆっくり御顔を拝見してこないとね。

また、一次面談半日コースかなァ?
[PR]
by tabimakura | 2010-04-20 20:57 | 福祉住環境コーディネーター

チョイとイライラ

住宅改修の依頼。

玄関框部分と洗面入り口と浴槽横への手すりの設置。

ケアマネさん、利用者さん、私と色々世間話をしながら機種選定。

後は書類作成と発注!!

と、結構順調に事は流れたものの...。

浴室内樹脂皮膜タイプの手すりの納期が、10日以上も掛かるとの返事。

如何して????

色が悪いから。人気が無いから。在庫が無いとの事。


エぇ~~。

如何して無いの?
如何して人気が無い訳?
何色ならある訳?

アイボリーとか。ピンクとか。ホワイトとか。
なら、明日には来ます。


手すりだよ。
それも、浴室の。

壁面のタイルの色がアイボリーなんだから、『レッド』を発注したのに!!!

飾りじゃないんだよ。
タオル掛けじゃないんだよ。
高齢者が湯気で煙った浴室内でつかまる手すりだよ。

皆さんのご意見が聞きたいです。
[PR]
by tabimakura | 2010-03-31 22:56 | 福祉住環境コーディネーター

福祉住環境初級セミナー

今日も昨日に引き続き名古屋行きです。


本日は、私が属させていた出いてる『あいち福祉住環境研究会』主催の《第2回福祉住環境初級セミナー》へ行ってきました。


介護保険利用の住宅改修事例などの発表説明や、参加者同士の意見交換。


私自身、介護保険による住宅改修を少数ですが手掛けていますのでネェ。
交換会の時に私自身の改修時の失敗例なども聴いていただいたりしました。(^^;

失敗は成功の元。などと申しますから。

成功事例だけ聴いて帰られても、初級者の方々も面白くないと思いましてね。(^^)
[PR]
by tabimakura | 2010-03-06 21:30 | 福祉住環境コーディネーター

新たな発見

昨日は、私がお世話に成っている『あいち福祉住環境研究会』の定例会&新年会。

今年の活動方針等の話し合いや余談(?)等の中で私としての新たな発見がありました。

それは、『色』です。



先ず定例会で...。

「便器の色と床の色が同じだと、床を汚しやすい。」って話。
まァ~男性の『小』の話なんですが。
高齢等で同色の便器と床だと境がはっきりしない。って事の様です。

ここで、チョイと余談ですが...。
この事は事あるごとに私は口にしているのですが...。
『大は小を兼ねる』と言われますが、世の中全般を見渡したところ『杓子は耳かきにならず』の方が、世の中では断然多く理にかなったコトワザダト思います。
これは私のあくまで持論ですが、大が小を兼ねるのはおトイレにおいての話だけだと思うのですが...。


少し話がそれましたが、色の話の流れから、『お茶碗とお粥』
多くの茶碗は中が白。
そこへ粥を入れると...。
まだ、食べ残しがあるのに同色の為、存在に気付かず御馳走様をしてしまう。

成るほど!!と思うお話2例でした。

私も、玄関や土間等の上り框と廊下の床材の色はなるべく違えて施工する様心がけています。
また、階段と廊下の床材の色も同色を避ける様にしています。

結構、床材等(階段・框・敷居等)を同色・同素材で統一する事がオシャレとか、材料の調達等で安上がりとかの理由で統一する傾向にあるんですけどね。


続いて、新年会での『色』の気付き。

こちらは、色は色でも色香と申しますか?色欲?の色でして...。
新年会でお邪魔したお店に、可愛い子が居たんですよ!!
店員さんなんですが。

あまり、詳しくは伝えられませんが。
その子の取った行動に対し、私が一言発した仲間内でのトークに対し敏感に反応して下さった先輩を見て、全ての事においてこの先輩は事の切り替えが早く世の中を広く見ていらっしゃる。
福住の先輩と言うだけでなく、社会人・人生の先輩として尊敬に値する方だと新ためて気付かせて頂きました。
[PR]
by tabimakura | 2010-01-10 09:36 | 福祉住環境コーディネーター

火災報知機

今年の仕事は、明日までの予定。(^^;

25日に急遽飛び込んで来た火災報知機の設置が今年最後の仕事に成りそうです。
市の社会福祉課の紹介で独居の身障者宅からの依頼。

最近まで奥さんと二人暮らしだったそうですが、急にお亡くなりに成られたとか。
東京に暮らす息子さんが、年内は帰郷しているそうで。
なるべく年内にとの要望。

ご本人さんは歩行が困難な方。
ただ、天井で火災を知らせるだけの機種では何の役にも立たない。
屋外で近隣の方へ火災の通報が出来る警報ランプブザーも設置するのですが、土日をはさみ年末年始。
どちらかと言うと、特殊な商品です。
警報機本体は今日届き、外部の警報ブザーランプは年明け1月中ごろに成ってしまいそうです。

一応、本体その物も警報は鳴るので、先ず揃った物だけ明日設置です。

私は、監督に出掛けるだけですけどね。(^^;
[PR]
by tabimakura | 2009-12-28 23:15 | 福祉住環境コーディネーター