ブログトップ

画日誌 [enishi]

tabimakura.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 7 )

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

今年も、変わらぬお付き合い。
宜しくお願いいたします。


我が家の辺りは、昨夜からの雪がチョロチョロっと積もってます。
お昼をまわった頃には、空も青く良い元旦を迎える事が出来ました。


ただ、当方...。
暮れの内に少々喰い過ぎまして...。
胃の調子が...。

では、胃袋のレポートは、又後日と言う事で。
先ずは新年のご挨拶とさせて頂きました(^^;
[PR]
by tabimakura | 2010-01-01 12:42

今日のタマ

a0025704_20371364.jpg


余りに気持ちよさそうに寝ていたので、チョイと悪戯...。

まぁ。モザイクよりは良いかなァ(^^)
[PR]
by tabimakura | 2009-09-03 20:39

タマ受診。

拾った子猫の名前が決まりました。
『タマ』です。

そして今日、タマを医者に連れて行きました。

目ヤニでベタベタですから。

我が家の掛り付け獣医さんの受付のお姉さん。
「今日は誰ですか?」

「今日は新患でお願いします。」
お姉さん。
「今日は何?」

我が家はこちらの病院では、チョイと顔なのでしょうか?
今まで私が持ち込んだ患者は、犬・インコ・リクガメ・ハトくらいなんですが...。

私。
「今日は子猫です。」
(ちなみに、ネコの持ち込みは私は初めてです。)

そして、同行した娘と息子が。
「昨日、拾って来たの。お父さんが!!」
「お母さんネコが死んじゃってて...。」
大きな声で、昨日の出来事を洗いざらい...。

この手の病院の待合室(近年は特に)は、言っちゃ悪いがペットボケと言いかすか、ワンちゃんネコちゃん『命』の方の社交場
みたいなもので、一瞬でタマは悲劇のヒロイン(雄だからヒーローですか?)に成ってしまいました。

でも、周りの注目を浴びたのも束の間。

タマの状態を見て、スタッフから「他の子に感染する恐れがあるので、申し訳ありませんがお車でお待ち下さい。」の指示。

潮の引くのは早いものです。(^^;

診断の結果、生後約40日。
ネコクラミジアだそうで、点眼薬と軟膏、それと飲み薬をもらって来ました。

それほど、酷くは無いからきれいに治ると思います。との事でした。
[PR]
by tabimakura | 2009-07-27 21:56

親子迷い猫

数日前より、ご近所に親子の迷い猫が住みついていると聞いていた。

人慣れした親子で、子猫などは鳴きながら近寄ってくるほどだと。
はじめ3匹いた子猫が1匹に成り、心ある方が拾って行かれたのだろうか?
そんな話も耳にしていました。

私は毎朝、犬の三太の散歩でその辺りを歩くのだがその親子を見掛けた事が無かった。



ここ数日は、夏休みに入った娘と二人での朝の散歩。
何時もは娘しか付いてこないのに、今朝は女房と息子も遅れて合流。


そんな、散歩も帰り道。

話に聞いていた迷い猫親子を発見。

母親は横たわり、子猫は盛んにちちを吸っている。
うちの子供たちにとってはじめてみる風景。

「近寄っちゃダメだよ」と制しながらも、つい自分らも足が前に。


遠目から見たらほほえましい姿。
でも、近寄ってみたら、母親の毛は昨日来の雨でぐっしょり濡れ、口元からは赤い血が流れていた。

車にでも跳ねられたのだろうか?
道路から少し入った私有地で息絶えた母猫。

子猫は私たちの姿を見つけると、大きな声で鳴きながら近寄って来ました。
もちろん、私の足元には三太が居るのに。


このまま放って帰る事も出来ず、私は子猫を抱き上げてしまいました。

a0025704_8393448.jpg

顔は目ヤニでくちゃくちゃ。
元気に泣き叫ぶだけが、救いでしょうか。



娘と息子は早速名前を色々考えています。

この先、この子はどうなるのかなァ。
抱き上げた本人が、チョイと頭を悩ませています。
[PR]
by tabimakura | 2009-07-26 08:40

子スズメ日記 2週間が過ぎ

子スズメが我が家へやってきて2週間が経ちました。

先週は色々...。

と、言うより...。

実は、私の管理不足だとしか言い様が無いのですが。

5匹の子スズメが4匹死んでしまいました。

餌の管理か?

温度管理か?

残った1匹の子スズメ。

お陰さまで、元気です。

羽もかなり出て来て、一目で『スズメ』って分かるようになりました。

餌のおねだりも、羽をパタパタ震わせ。

可愛さ全開です。

a0025704_20525138.jpg

[PR]
by tabimakura | 2009-06-01 20:53

子スズメ日記 2日目

今朝、子スズメの箱の蓋に手を掛けたところ、チーチーと昨日と変わらぬ鳴き声。

先ずは一安心。

早速、餌を与える。

5匹とも、大きな口を開けおねだり。

今までセキセイインコ・コザクラインコの雛に餌付けをした時は、これ以上は入らないだろうと思うくらいまで餌を欲しがり、またよく食べた。

でも、野生のせいなのか?
親鳥が運んでくる量に限りがある事を知っているのか?
インコ達ほど一度に頬張る事はなく、時間をおきこまめな給餌が必要なようです。

一通り、一口もらえば大人しく成ってしまう。

それと、やはり個体差があり、体の大きな個体は首もよき伸びおねだりポーズも大胆。

生存競争は既に始まっているのがよく見てとれる気がします。

<今日の一枚 一口いただき先ずは一休み>
a0025704_214681.jpg

[PR]
by tabimakura | 2009-05-19 21:06

子スズメ日記


本日、仕事で屋根瓦のふせ換え工事の途中、鬼瓦と屋根地の隙間にスズメの巣を発見。
瓦を全て屋根から下ろし、屋根地を補修。
新たに瓦を葺くため、スズメの巣は撤去。
中には五匹の子スズメ。

これが特別危惧種とかなら、巣立つまで工事をストップするのだろうが。
スズメでは、廃材と共に処分されてもそれまで。

色々なご意見は有ろうと思いますが。

ほってはおけず、家へ連れ帰る事に。

自然のルールに反している事は分かってますが...。

上手く育つかどうかすら分かりませんが。
今のところ、子スズメ達は口を大きく開け餌のおねだり。
手乗り用の雛のえさを購入して与えています。


a0025704_20185511.jpg

[PR]
by tabimakura | 2009-05-18 20:33