ブログトップ

画日誌 [enishi]

tabimakura.exblog.jp

名前の由来

小学2年の娘が自分の名前の由来を訊いて来た。

宿題だと言う。

さて、困った...。

娘の名は『詩乃』と書き、『しの』と読む。

正直、私は以前仕事でお世話に成ったお宅のおばあちゃんが『〇〇乃』と言う方で。
粋な名だなァ~。と感じ、もし子供が出来て女だったら『乃』の字のついた名前にしよう。と決めていました。

女房に子が宿り、女の子だと分かった段階で「私はお腹を大きくして育てて、痛い思いをして生むんだから名前くらい考えて!」と、何となく勝手の良い意見で私が考える事に。

インターネットで名付けのサイトを開いたり、名付け辞書を広げたり...。

先ず、音の『しの』が決まり、『乃』も決まってたので、『志』にするか?『詩』にするかで色々迷ったのですが、ネットの画数占いで『詩』の方が得点が良かったのでこちらに決めたんです。

娘に、ネットで決めた。と言ったら、不機嫌ですし...。

後付けの言い逃れ的ですが、「思いを言葉に表す」と言う意味の字だが、他に「人の心を清め高める美しいもの」と言ういみもある。だから『詩』の字に決めた。と伝えておきました。

はじめは、「父さんが昔付き合ってた彼女の名前だ」と言ったんですが、「宿題だから...。みんなの前で発表するんだから...。」と言われては...。ネェ~。

難しいですね。
名前って。
[PR]
by tabimakura | 2010-01-17 21:26 | 家族
<< 砂場が出来ました。 おやじの会 >>