ブログトップ

画日誌 [enishi]

tabimakura.exblog.jp

人権週間 標語作り

子供の宿題です。

人権週間の標語を家族で話し合って考えて来ましょう。

我が家は二人居るから、二つ考えなくては...。


小学1・2年生のガキ達に人権とは何ぞや????から、始めなければ...。


正直、これは親に対しての宿題の様なモノです。(^^;


持ち帰ったプリントには課題として参考にするテーマが書かれていました。

男女差別 いじめ問題 児童虐待問題 高齢者問題
障害者問題 同和問題 ハンセン病問題 外国人問題
インターネットによる誹謗中傷問題 ホームレス問題
その他人権に関する問題


まず、これを噛み砕いての説明から...。

二人のガキ達は、理解できたか如何か分かりませんが『仲良くすれば良いんだよ』というキーワードを出してくれました。


『人権』=『仲良し』なのか如何かは意見が分かれそうですが、『仲良し』=『友達』と話が進みました。

「友達に成るには如何するの?」

私の問い掛けに小1の息子は「一緒に遊ぶ」と答え。
「手をつないで遊べばいいんだよ!」
「そうすれば仲良く、お友達に成るんだ!」

ここまで辿り着いたところで、息子はギブアップ。

出来た標語は『みんな なかよし てをつなご』さっさと書き込んで宿題終了。


小2の娘には、もう一つ踏み込んで「友達に成るには如何するの」の問い掛け。


結構、彼女は悩んでました。



今、仲の良い友達との出会いを思い出させ、色々訊いて行く内に出て来た言葉が『勇気』

娘は息子と全く違う性格で、超が付くほどの内弁慶。
(父親譲りです。)
一歩外へ出ると、借りて来たネコと言うより、ぬいぐりみのネコ(剥製のネコ)状態。
全て受け身と成ってしまう彼女には友達=勇気と言う答え。

彼女らしい答えです。

「勇気出して、何するの?」

「話をする。」

「何の話?」

「いろんな事。」

「いろんな事って何?」

「その子の事とか、自分の事とかァ。」

そこまで出て来たので、私は『自己紹介』と言うワードをだしました。


彼女なりに考えた標語は、『ゆうきをもって みんな友だち じこしょうかい』


如何でしょう?
こんな感じで(^^)

標語としてはB級でしょうけど、彼女なりにお互いを知る事が差別等の問題を無くすんだと頭の片隅に置いておく事が出来ればと思っています。
[PR]
by tabimakura | 2009-10-27 19:20 | ひとり言
<< カメを飼ってみました おみやげ >>