ブログトップ

画日誌 [enishi]

tabimakura.exblog.jp

明日、残念ながら

明日は新学期早々ガキ達の授業参観日。

残念ながら、私は仕事で行けません。

今夜、湯船に浸かりながら息子が...。

「明日参観日だよ。父さん来る?」

仕事があるから行けないと告げると...。

「残念だなァ~。可愛いよ(^^)」

何のこっちゃ?と思いつつ、学校での事を訊くと、今まで何でも話した息子がある事に関しては「分からない。」と回答を拒むのだ。

その、ある事とは...。担任のM先生。

実は先程の「可愛いよ」とは、先生の事だそうで。
彼らの小学校唯一の新任教師だとか。

彼の女性遍歴は、保育園時代。
御近所の同級生H君のお母さん。

H君宅へ遊びに行くのが大好き。
H君宅はゲームが多くお母さんも居るし。と言うのだ。
(確かに、うちの女房とは違い御化粧もきちんとされてる。)

小学校に入学して...。
通学路の途中に家がある同級生のKちゃん。ならぬKちゃんのお母さん。

入学当初、帰宅時迎えに出掛けた折、母親同士仲良くなり女房が時々遊びに行くようなのだが、「Kちゃんの家なら僕も行く!」「だって、Kちゃんのお母さん居るし...。」

オイオイ!
先日、私も初めてKちゃんのお母さんとお目に掛かりました。
(ナチュラルメークの清楚って感じのお母さん...。この手も我が家には無い!!)

そんな息子が、新学期を迎えた頃からKちゃんのお母さんに興味を示さなくなっていたとの女房の証言。



どうも、新任のM先生が原因のようだ。


女房がボヤク。
如何して、超年上好みな訳???

でも、徐々に低年齢化して来ているんじゃないか???と、私。




彼の趣味は、それ程悪くないと思う父なのである!

だが、残念ながらまだM先生にはお目に掛かって無いのだ...。
[PR]
by tabimakura | 2010-04-15 22:16 | 家族
<< 静かなER 鳩と燕 >>